トップ / 中性脂肪改善に糖質とカロリーの制限

中性脂肪に食事制限

中性脂肪改善に糖質とカロリーの制限

中性脂肪改善に糖質とカロリーの制限とは

中性脂肪を減らすためには、ただただカロリー制限をすればいいというわけではありません。重要なのは食事の質の改善です。そのためには糖質制限が避けては通れない道となっています。一体、糖質摂取量を改善すると、どうして中性脂肪を減らすことができるのでしょうか?

糖質は肝臓で処理されます。食事で体内に取り込まれた糖質は、グリコーゲンという形で肝臓に貯蔵されます。その量はおよそ60~70gと言われているのですが、それを上回る量の糖質を摂取した場合、肝臓が糖質を中性脂肪へと変化させるのです。そのため、糖質を摂り過ぎると中性脂肪が増えてしまうのです。

ただし、糖質制限だけで効率よく中性脂肪を減らせるのかというと疑問が残ります。「摂取カロリーが消費カロリーを上回った場合、中性脂肪が消費されないんじゃないか?」そう、カロリー制限だけで中性脂肪がなくならないように、糖質制限だけでも中性脂肪は減らないのです。

単純にカロリー制限をすれば中性脂肪が減るわけではありませんが、カロリー制限に一定の効果は期待できます。というのも、糖質制限だけでダイエットをしようとすると、、OKな食べ物を食べ過ぎてしまう恐れがあるからです。

せっかく中性脂肪を減らそうとしても、摂取エネルギーが多くては中性脂肪が消費されません。中性脂肪を減らすためのカロリー制限の方法は簡単で、外食を控え自炊を心がける、野菜を中心とした食生活、インスタントやコンビに弁当を食べないようにする等の対応でOK!

あまりにカロリー制限にこだわりすぎると、栄養バランスが崩れて質の悪い食事内容になってしまう可能性があります。カロリー制限はライトな感じで終わらせるようにしましょう。

Copyright © 中性脂肪の改善に食事制限 All rights reserved