トップ

中性脂肪に食事制限

中性脂肪の改善に食事制限

中性脂肪の改善に食事制限とは

私は現在32歳のサラリーマンです。近頃、同僚や友人に「太った?」と言われることが多くなりダイエットにチャレンジしたいと思っていました。太ってきたと自覚をしたのは、30歳の時の健康診断の結果がきっかけでした。なんとなく腹が出てきたとは思っていたものの、事実として突きつけられると結構な衝撃を受けるものですね。

少し運動すれば若い時のようにすぐ痩せると高を括って何もしてこなかったツケが一気に回ってきた様に感じました。この太った見た目のせいか結婚の予定は全然ないし彼女もなし。これからの嫁探しのためにも中性脂肪を減らしてカッコ良い体を目指したいところです。

そういえば、ここ数カ月は接待や友人との飲み会で食べ過ぎることが多い気がします。こないだ飲み会をした時に「中性脂肪と食事制限のことなら俺に聞け!」と言ってた友人がいたような…。早速連絡してみよう。

PR:中性脂肪の改善のことならこちら。

・中性脂肪を減らす方法
中性脂肪を減らすには、食生活や運動といった生活習慣の見直しが必要です。生活習慣の中でも一番影響の大きいものが食生活。脂肪の摂取量を減らすことが中性脂肪の低下につながるとイメージする人も多いですが、実は精製された炭水化物の摂取量を改善することが一番効果的のようです。

精製された炭水化物とは、白米や白パン、麺類、白砂糖といったもの。運動は適度な量を毎日続けることが大切です。1日20分程度の有酸素運動が理想的。気が向いた時にだけ運動をしてもあまり効果はありません。運動は毎日続けるのが大変そうだし、それなら食事の制限をしてみようかな。

食事制限の中で、中性脂肪に効果的なのは糖質制限。過剰な糖質は中性脂肪の材料。でも、どうして糖質が中性脂肪の材料になるの?それは過剰に摂取した糖質がインスリンの急激な分泌を促進し、それを繰り返すことによってインスリンを作り出す臓器=すい臓に負担がかかるためです。インスリンとは炭水化物を消化するのに不可欠なホルモンです。

すい臓に負担がかかることによってインスリンの分泌が悪くなり、炭水化物をうまく消化できなくなります。余分な炭水化物は様々な代謝経路を介して脂肪酸やグリセロールとなります。この脂肪酸とグリセロールが中性脂肪の材料となるわけです。そのため中性脂肪を増やさないためには、その材料となる糖質を制限することが大切なのです。

へー、糖質制限が中性脂肪に効果的なんだ。でも糖質制限って何を食べなきゃいいんだろう?

糖質制限とは、炭水化物や砂糖などの糖類を制限することです。食べてはいけないものは、主食なら「ご飯」「パスタ」「うどん」「そば」「パン」「粉もの」で、野菜なら「イモ類(さつまいも・かぼちゃ・じゃがいも)」「玉ねぎ」「にんじん」「ごぼう」「果物全て」、調味料なら「砂糖」「はちみつ」「ソース」「みりん」「ケチャップ」「ドレッシング」が該当します。

意外にも「肉類」は食べることを勧められています。タンパク質は代謝に重要な役割を持っているからです。もちろん、食べすぎは「脂質」の摂取量が増えて血流やコレステロールに悪影響を与えるため、タンパク質はできるだけ植物由来のものが推奨されていますが。

おかずを我慢するのはキツイけど、主食を我慢すればどうにかできそうだな。肉を食べてもいいのは二つの意味でおいしいかもしれない!簡単にできそうだし、まずは糖質制限をやってみようかな?

Copyright © 中性脂肪の改善に食事制限 All rights reserved