ウェルネスダイニングの口コミ!まずいのか40代主婦の正直な感想

ウェルネスダイニング まずい 口コミ

bak3(3)

つまり治療している糖尿病の患者さんが増えているのです。

インスリンの注射などの効果的な方法で糖尿病コントロールできるのは最近になってからです。

ですので、昔ではなくなってしまっていた形が助かるようになってそれで糖尿病の方が増えているという背景もあります。

さらにウェルネスダイニングが進んでいて高齢の方には糖尿病の方が多いですので、それで必然的に糖尿病の方が増えているということもあります。

糖尿病と食事糖尿病とは
糖尿病の食事療法を見ていく前にまず糖尿病とは何なのかということについて知っておく必要があると思います。

まず糖尿病というのはエネルギー効率が悪くなっている状態といえます。

人の体というのは最低限のエネルギーで回るようになっているのですが、エネルギーが過剰に溜まってしまうとそれを持て余してしまうようになります。

そうするとそれに対応するために体が頑張るのですが、燃焼効率が悪くなってくると当然故障してしまうのです。

必要以上のカロリーが長い間体の中に入っているとエネルギーがどこに行けばいいのか分からなくなってしまいます。

そうすると血中に血糖値が高くなるという形で現れて様々な体の障害を起こして行きます。

さらに糖尿病は一生治らない病気です。

糖尿病になった時に考えられるのはエネルギー効率が悪くなっているのだからエネルギー効率を良くすれば糖尿病が治るという考え方ですが、実際にはこれは難しく退出になってしまった糖尿病の症状直すということは困難に近いです。

一時的に良くすることはできてもだんだんと食べ過ぎが続いていくとまた元に戻ってしまいます。

さらにこれを飲めば絶対治るという薬があるわけでもありません。

薬は対症療法的な方法ですので、一生治らないといっても過言ではありません。

正しい努力をすれば治った状態とほとんど変わらない状態で生活することもできるようになっています。

ですので、一生治らないと悲観してしまうことではなく限りなく治っている状態に近い状態を維持できると思えばいいと思います。

糖尿病の種類

糖尿病には2種類があるという事を皆さんご存知と思います。

糖尿病はインスリン依存型とインスリン非依存型というものです。

他にも肝臓の病気が原因で起こる糖尿病というのもありますが、これは二次的なものなのでここのページでは除外したいと思います。

しかしどんな糖尿病であっても血糖値が高くて体に悪影響を及ぼすということは同じですので、食事療法はとても必要です。

糖尿病の症状
糖尿病の症状というのは血糖値が高くて起こるものと、合併症が原因で起こるものがあります。

まず高血糖で起こる症状は
喉が渇いてよく水を飲む量が多くなっている
だるさや脱力感がするといった症状です。

合併症で起こる症状は
体がしびれる
立ちくらみがする
むくみが出てくる
尿が出にくい
といった症状です。

糖尿病の診断
糖尿病の診断にはまず空腹時の血糖値がどれくらいあるかを見ます。

これはすぐ簡単に検査することができ朝食を抜いて病院に行けばすぐに検査してもらうことができます。

採血をして血糖値をどれぐらいかどうか調べてこれが140以上あれば高血糖といえます。

正常な値は80から105といわれています。

次にブドウ糖経口負荷試験というものを行います。

ブドウ糖経口負荷試験というのは、75gのブドウ糖を食べてその後どのように血糖値が変化するかを見ていくというものです。

ブドウ糖を食べても血糖値がすぐに上がらず、正常に水すれば糖尿病ではありませんが、血糖値が200を超えたり大きく上回った状態が続くと糖尿病だといえます。

子供がfローゼになった場合は他の基準が設けられていますので、そちらを守るようにします。

このように大量に尿中に蛋白質が出てしまう状態はネフローゼといわれておりどの病気が原因で起こってもえフローゼと呼ばれています。

かといってたくさんの病気があるかというとそういうわけではなく多くの場合慢性腎炎が原因で起こります。

ネフローゼの70%から80%は慢性糸球体腎炎が原因で起こり他に糖尿病性腎症親アミロイドーシス全身性エリテマトーです。

といった病気で起こります。

ネフローゼ症候群の症状と検査方法エフローズ症候群では大量のタンパク質が尿に出てしまうので尿が泡立ってしまいます。

そしてその母がいつまでも消えません。

そして体にむくみができます。

まぶたが分厚くなったり足のこうが大きくなったりむこうずねが太くなったりするような浮腫が出てきます。

そうするとだんだんと体重が増えていきます。

CKDの人の腎臓病食品交換表の蛋白を含む食品・含まない食品

腎臓病食品交換表の使い方表ということを聞いたことがあるでしょうか。

タンパク質を含む食品とタンパク質を含まない食品の二つの種類があります。

これを上手に使うことで腎臓の食事療法を簡単に行うことができるようになっています。

たんぱく質が含まれているものとタンパク質が含まれていなくて糖質や脂質が多く含まれているものでエネルギーになるものというもの判別することができます。